ホシゾラのじかん 

ヨガで心身を調和し 自分らしく過ごすお手伝い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

治療の記録④-2 個性について。


『自分の頭の中にホクロがあることに。
きのう気づきました』

人には個性があります。
生きているものにはすべて個性があります。

石にも木にも、水の流れが描く模様にも、私たちの指の腹にあるこの渦巻きの指紋にも、空の雲の形にも。ふたつとして同じ様子がないように。

そして、その個性は時間とともに移り変わっていきます。
指紋も身体がなくなれば、同じ模様が現れることはありません。

個性は永遠ではありません。
変化するものです。

ですから、その現われ出た個性を持続する必要もなければ、失っても後悔する必要も、苦し紛れに自分や周りに八つ当たりする必要も本当はない訳です。
人はみな年をとり、太陽はその原料となるガスを燃やしいつかは無くなる。
そうやって、自然のリズムは繰り返されてきています。
私たちは自然のリズムの一部です。
(でも人間は、その変化を受け入れられず苦しんだりします。でもわたしはそんな人間らしい感覚が愛おしく、味わいだと思っています。)

病気も。
そんな生きている私に現われ出た個性のひとつです。
そして、その治療方法も。
その人に与えられた宇宙に1つしかない個性であると思うのです。
そう、治療も個性です。

だから、世の中に色々な病気の現れ方があり、その人に必要な治療方法がある。
同じ病気でも、病気の受け止め方にも個性が現れ、そして個人の体質もみんな違っているから、治療も違う。
治療方法をひとつの枠にはめる事はできないと思っています。

ある人には効果的な治療方法も、他の人には効かないのはそういう理由です。
サプリメントも、身体にいいという食べ物も、代替療法も、運動もそうです。
一人一人の個性が違えば効果も個性となります。


その人その人、ひとりひとりに大切な人生のシナリオ。
そのシナリオには、それぞれ必ず違うことが書いてあります。

だから、自分のシナリオを生きればいいんです。
そしたら人生大満足になるはずなんです。
大切なのは、その自分のシナリオに気付けるかどうか。

それには、
前回治療の記録④にも書いた『確信』が必要となる訳です。

『確信』
根拠のない自信。
自分を信じる力。
生きる力。
その自信によって、前に進むことができる原動力。
腑に落ちる感覚。
霧が晴れて、迷い道から抜け出る感覚。
光が差し、暗闇の中に真実をみつける感覚。

この確信は、本当に苦しんで自分と向き合ったとき、意図せずもたらされる感覚なんだと思います。

自分が壊れてしまうくらい、自分の人生をこれ以上自分で支えられなくなった瞬間に表れる恩恵です。
(エゴがはずれということ)

この素晴らしい人生の答えがやってきたとき、それまでの苦しみや悩みや葛藤のすべては、塵となってまぶしい光の中に消えていきます。

あー、自分の苦しみ(マーヤ)はいったい何だったのだろう。
悪夢から目が覚めたようだ。と。

私は私の直感を大切に、確信を大切にしようと思います。
この思いにたどりつけたのも、今までの人生の選択と経験があったからです。
だから私にとって、この抗ガン剤は私を真から気づかせてくれる大切な治療でした。
苦しすぎて死にたくなる位(o^^o)
素晴らしい経験です。

なにより家族の愛や友人の支え、周囲の方からの応援を感じながら過ごすことができました。
すべてをつくり、このシナリオをわたしに与えてくれている神さまに感謝する気持が深くなりました。

わたしにこの病気の経験がなければ、わたしはヨガ教室をしていませんでしたし、こうしてこの文を読んでくれた方と出会えなかった。
本当に苦しみは神さまからのプレゼントです。

苦しみ真っ只中で死にたいなと思っていても、いつか霧が晴れて。
そのとき、ようやく苦しみの意味がわかり、感謝と愛が湧き出てきます。
これが、神さま(宇宙の源、ヨガではブラフマン)の計画の意図であると理解できます。


◎わたしは抗ガン剤の治療を受けたくて、自分の意思で決めて受けました。
そしてこの先の治療方法もわたしのシナリオです。

他の方には他のシナリオがあります。

これは、抗ガン剤を否定・肯定する内容ではありません。
抗ガン剤を受けてガンが小さくなり命が伸びた方も沢山いるし、反対に、抗ガン剤で体調が悪くなった方もいます。
(私の父は抗ガン剤で末期ガンの痛みが無くなりました)

地球という場所は、すべてが真逆の性質を持っています。

抗ガン剤にも、メリットとデメリット。
これも抗ガン剤を受ける方の個性です。

誰からの意見や考え方を参考にするのは素晴らしいですが、最後はすべて自分の自立した感覚で選択できると一番いいと思います。

でも、その自立した選択、が難しい(o^^o)ですよね

そんな時は、やるだけやってみて。
そして自分の確信が変わったらその時にまた向き合えばいいです。
人はそうやって生きるしか仕様がないんです。

この身体の人生は一回だけど、命の人生は永遠ですから。
恐がらず何度でもチャレンジすればいい。
人生は実験です。

うわやなぎさ




スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。