ホシゾラのじかん 

ヨガで心身を調和し 自分らしく過ごすお手伝い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

この世を。


『この世をどうやって受け止めようか』


食べても、時間がたてばお腹が空く。
働いてお金をもらっても、払うものがたくさん、あっという間になくなってしまう。
肩が凝ってマッサージしてもらっても、また凝る。
たくさん寝ても、夜になると疲れてまた眠くなる。
身体を大切にして整えても、いつかは必ず死が訪れる。
歴史に残るような偉業をなしても、この地球がなくなってしまえばみんな消えてしまう。書物も。パソコンのデータもね。
もしかしたら、この宇宙さえも無くなる日がくるかもしれない。全てが無になる。
吸って吐いて吸って吐いて、結局何が残るんだ。

なんて言う気分になることがあるかもしれません。

この世でいくら頑張っても、積み重ねても、すべては幾多の塵となり宇宙空間に消えていく。。。
諸行無常。

世の中を虚しく無意味に感じるとき。
これが生きる意味を問うタイミングになります。

私たち人間にはやはり、生きる意味、が必要になります。
目標や目的地がない人生なんて、永遠につづく砂漠を歩くようなもんです。

人生の意味。
生きる意味。
いま起きていることの意味。
苦しみの意味。

人生の充実感、感じたいんです。
自分の人生に納得したいんです。

私の人生にはそんな意味があったのかー!
それなら苦しいことも頑張れる。
となる。

ヨガはその問いに答えてくれます。
私自身保育園の頃から抱き続けてきた、世の中への問いを見事、ヨガは受け入れ解いてくれました。

『無意味なことは一つもない』
これは人生の空虚を埋めてくれる言葉です。

でも、この言葉を頭で理解するだけでは、本当の虚しさは決して埋まりません。

この空虚感から光を溢れさせるには、実体験が必要になります。

言葉の理解から、実体験へ。
すべては意味ある出来事で埋め尽くされていると体験したとき、人生すべてが大切に思えてきます。
自分がみる世の中すべてが愛おしくなったとき、そこには、人生という主役の椅子に座った自分が現れます。
















スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。