ホシゾラのじかん 

ヨガで心身を調和し 自分らしく過ごすお手伝い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

信頼して待っていてくださる方へ。


『こんな風に生きたいなあ、と思わせてくれる本。 絵もすきです』

そろそろヨガが再開するかな。。。
とやさしく待っていてくれて、ありがとうございます。

先日、手術のときにとってもらった細胞の検査結果を聞きに病院へ行ってきました。
主治医の先生とは前回からのお付き合いになりますから、もう6年になりました。

その村上先生は、どの看護師さんよりも一番丁寧でやさしいです。
絆創膏ひとつ貼る作業にも愛をかんじます。

不安がひとつも残らないところまで説明してくれます。
難しい用語はいっさい使わず、こんなふうにわたしも人と向き合いたいな、と会うたびに思わせてくれる人です。
そして、手術もとっても丁寧で、患者さんのその後の生活をしっかりイメージしてくれているんだとわかります。

患者さんは、その親身さや丁寧さに惚れて(笑)、安心したり命を預けられたりするんだろうと、想像します。

そんな先生に診てもらえている私は、かなりラッキーです。
みなさんも万が一お困りのときは、そんな素敵な先生に巡り合えたら、病気がいいものに思えるかもしれません。

さて。
そんな絶対なる信頼をよせる村上先生から次なる治療の提案がありまして、
来月6月から抗がん剤治療をしていくことになりました。

髪の毛も染めない、風邪薬も飲まない、インフルエンザも自力で治したい!私ですが。
今回は抗がん剤のお世話になり病気を治そうと決意しました。
これも村上先生からしっかり愛ある話をきいて納得できたからです。

今回の再発の中すべてにおいて、「身をゆだねた先にある愛を見る」がテーマであると確信しています。
ですから、迷うことなく治療をありがたく受けることにいたしました。

ということは。
ヨガ教室の再開が遅くなることになってしましました。
申し訳ないな、と思っています。

そして待っていていてくれること、本当にうれしいです。
何より励みになっています。治療する勇気がわきます。

ここまで来たら、癌という病気をみんな味わってみようと思います。
また少しワクワクしてきている自分の気持ちがいとおしいです。
きっと内側の自分は色々を体験してみたいんだと思います。

隠さずに今後の予定をお知らせしますと、

抗がん剤治療は6月から始めて半年間かかります。
通院しながら点滴を受けていきます。
また、抗がん剤が完了したら、放射線治療とホルモン治療をしていきます。

そんな中、元気な日にはヨガ教室をしてみたいな、とも考えています。
そんな状態の私でもしよければ、ヨガを受けに来てください。
ちょっと髪の毛がないかもしれないけど、見た目の姿に頼らず内側の私でお会いできたらうれしいです。

再開のお知らせ、もうしばらくお待ちください。
お会いできる日を楽しみにしております。

うわやなぎさ








スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。