ホシゾラのじかん 

ヨガで心身を調和し 自分らしく過ごすお手伝い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自分の波紋

20160928033656745.jpeg
『富士山の前で、誠実でありたいと願う』

目にはみえないけれど。
私たちはここに居るだけで、自分の存在を波紋のように広げながら生きています。
もしこの波紋が目に見えたなら。
自分の存在が、実はとっても繊細に周りの人や物に影響していることにショックをうけるかもしれません。

息をフッと吹きかけて柔らかい羽毛を飛ばすように、何気ない仕草や感情を周りに波紋のように広げています。
見えないからこそ、無意識に相手を傷つけたり、自分の状況が分からなかったりします。

びっくりするくらい、人は影響力を持っています。
見えないから気付かないだけです。
自分の存在が発する影響力は、根底にあるそのままが相手に届き、宇宙の果てまで達します。

一緒に祈りましょう。
誠実にいつわりなく自分をみつめさらけ出し、
鎧をすべて取り去り、過去の自分も未来の自分も無く、
誰の目も気にせず、ただ一点ここに存在し波紋を放つ自分が居ることのみで祈ります。

世界が平和になりますように。
自分の心が平和になりますように。
心のギザギザやチクチクやデコボコが平らに清らかになりますように。

明るい方へ 愛ある方へ








スポンサーサイト

PageTop

治療の記録⑤温熱療法

『今通っている温熱療法について書かれた本です』

私は小さな頃よりヨガが好きで、今では仕事とするまでになりました。
ヨガの歴史は古く5000年以上前にインドヒマラヤで生まれた知恵です。
起こる事にはすべて大切な意味があると言われています。
何より、実際の自分の体験から導き出す答えを大切にします。

今日もそんな私の実体験からお話しいたします。

あれから私は抗がん剤の治療を卒業し、ガンに効く温熱療法の治療を受けています。
おかげさまで、だるかった体が軽くなり、生きる力が湧いてくるのを実感しています。
食欲もでて体が動くようになり、つられて気力も充実してきました。
起こる事すべてが新鮮で、また新たな自分がスタートしたような気持ちがしています。
ありがたいです。

温熱療法は、この治療をすでに受けている友人が教えてくれました。
治療法を確立した医師が書いた温熱療法の本(上記写真)を貸してもらい、夢中で読みました。
ガンに関する本は今までたくさん読んできましたが、ワクワク嬉しくなる感覚になったのは初めてでした。

この本には、前田華郎という医師(元東京女子医大名誉教授)が確立したガン治療法についての内容が書かれています。
医師自身がガンになり、色々な治療法を調べたどり着いたのがこの温熱療法だったそうです。
マイクロ波を使いガン細胞だけを分解する事が可能で、末期ガンの方も半数以上が寛解しているとのことです。
治療による副作用はなく、治療しながら日常生活を送る事ができると書かれていました。
この治療は横浜にあるアドバンスクリニックで受けることができます。
http://advance-clinic.com(アドバンスクリニック横浜)

アドバンスクリニックに問い合わせたところ、予約がいっぱいで半年以上待ちとの事でした。
病院で匙を投げられた方が全国からつめかけているそうです。
同じ温熱療法を受けられるクリニックが東京中野にもあると聞き、さっそく治療を受けてきました。

◾︎ナガヤメディカルクリニック(中野にあるクリニック)
http://nagayamedical.com/index.php
ナガヤ先生は、自分が担当するガン患者さんからマイクロ波の温熱療法の話を聞いたのがきっかけで、前田医師のクリニックで修行をしてこの治療法を取り入れたそうです。
(温熱療法を受けたい方は、前田華郎先生の本を読んでみてください)

温熱治療のおかげでヨガ教室も再開できそな気がしてきたので(o^^o)
10月からゆっくりスタートすることにいたします。
週に2・3回づつのペースですが無理ないようにやってみます。
まだまだ未熟な私ですが、またこれからもよろしくお願いいたします。

見守る愛の応援とても嬉しかったです。
ありがとうございました!

上矢なぎさ





















PageTop

箱庭療法について

moblog_7f2b4a35.jpg
「箱庭の中は自分の内側。小宇宙そのものです」

moblog_6b33f567.jpg
「この絵は自分の何を表しているんだろう。一緒にみつめ解いていきます」

■箱庭療法とは
1900年代にヨーロッパで発達した心理療法。
河合隼雄氏(元京都大学名誉教授。日本の分析心理学普及に貢献)がユング研究に留学中に箱庭と出会い、日本に持ち帰る。
その後日本ではや病院や大学、子供の発達相談などにおいて箱庭が用いられ、効果的な療法として確立していく。
箱庭は、枯山水や盆栽など囲われたスペースに独自の世界観を表現する日本独特の感性に合うといわれている。
区切られた箱庭のスペースの中に、意識と無意識との境にある領域に生まれたものを視覚的に表現することによって、自分でも気づかなかった、深層意識にある課題に向き合うことができる。
(参考:『箱庭療法入門』河合隼雄 著 誠信書房)

■内容
箱庭療法
砂の入った木箱の中に、小さなオブジェクトと呼ばれるおもちゃを置いたり、砂を掘ったり山にしたり。
自分だけの世界を作ります。
何回作り変えてもかまいません。
自分の内側と見えている箱庭の世界とがピタッと重なり合うところまで楽しみながら進めます。

描画療法
クレパスを使い、感じたままに紙に絵を描いてみます。
何枚描いてもかまいません。
浮かんだイメージや色、形をそのまま紙に映し出していきましょう。

◎3歳児になったつもりで自由に表現してみてください。
途中、私からいくつかの質問をします。
そのときフッと浮かんだイメージを言葉にしていきます。
箱庭や絵がどんな意味をもつのか、一緒に探っていきます。
きっと、自分も知らなかった自分の内面が見えてくることでしょう。
箱庭は、言葉での表現が苦手な方や子供さんにもわかりやすく手ごたえがあるため、変化が表れやすく効果を発揮します。
定期的に(半年ごと、一年おきなど)うけると、箱庭に現れた情景が日常での変化とリンクしていくのがわかります。

■料金
10000円 (90分)
中学生までは5000円
小学生以上であれば受けていただけます。

■場所 ヨガ小屋

【お申込み・お問い合わせ】
メールアドレス
nagihappy11182007□softbank.ne.jp  □を@に変えて送信してください。
こちらから2日経っても返信がない場合、届いていない可能性があります。
お手数ですがメールをもう一度再送してください。


ホシゾラのじかん
上矢なぎさ

PageTop

愛の深化。


『アザミ。チクチクしている姿がまた愛らしい』

秋の気配が近づいてきていますね。
季節がゆっくり入れ替わり、秋の草木に変わってきています。

今日は愛の深化についてお話をしたいと思います。

私たちには、愛を感じる能力があります。
愛は真理と自分とをつなぐものだとも言われています。

わたしたちの愛の形には、3段階があります。

①まず最初の愛の段階は、
相手に愛されたい、愛が欲しいと願う形です。

『求める愛、相手からうばう愛の形』
です。
愛してほしい。
褒めてほしい。
プレゼントがほしい。
一番だと言われたい。

この段階では、相手と愛のかけひきの関係になるので、どちらかが疲れたり、一緒にいると辛くなったり。
上手くいかない場合は相手を憎んだり、自分を卑下し卑屈になったりします。

②次の段階は、
相手からもらった愛と同じだけの愛の量をやり取りする愛の形です。

『循環する愛の形』
です。

お互い愛がバランスよく循環するので心地よい関係となりますが、いちど愛のやり取りがうまくいかなくなると、その関係は壊れてしまいます。
そして憎しみや嫉妬や後悔が生まれます。

③愛の最上級の形は、
相手を尊重する愛の形です。

『見返りを求めない愛の形』
です。

相手が自分を愛してくれなかったとしても、自分から損得ない愛を相手に送ります。
そして相手に愛を感じている自分自身をとても愛している状態です。
満足しています。
自分から愛が自然と湧き、相手を信頼し、相手の幸せを祈り見守るような愛の形です。

このように、私たちは愛の表現の変化ともに、魂の進化のプロセスを進みます。

現実の世界では、たくさんの人と巡り会います。
身近なその人と出会ったその目的はただ1つ、愛の形を純化していく事に尽きます。

一番身近な人との愛の形は、今どの段階にあるでしょうか。

秋の夜長に、見つめてみるのも良さそうです。







PageTop

和平先生のお話会開催について

和平先生
『写真は和平先生のサイトのものです』

私の師匠の1人である和平先生のお話し会が、山梨で定期的に開かれています。
きっといいお話を聞けると思います。
(ヨガ哲学を学んだことがある方にお勧めです。)

参加したい場合は、直接オフィス和平宛にお申し込みください。

【岩城和平先生 山梨お話会のご案内】

◼︎日時
11月17日木曜日
1月19日木曜日
(奇数月の第三木曜日に開催)
13:00-16:00

◼︎会場
山梨市地域交流センター 
街の駅やまなし 会議室B
〒405-0018 
山梨県山梨市上神内川1229-1
TEL 0553-20-7010 

◼︎参加費
6,000円
先生の交通費+会場費は、参加人数で割ります。(だいたい500円前後です)

◼︎申込み
初めて参加される方は、先生のウェブサイト(http://waheii.org)へ参加したい旨をメールにてお送りください。
2回目からはメールは不要です。
ご自由にご参加ください。

当日は、会場内に受付を設けていますので、
ご記名と参加費のお支払いを済ませてご着席ください。

◼︎和平先生の紹介
和平先生は子供の頃から神秘的なものに強い興味を持ち、10代後半からインドやチベットで師につき20年間本格的な修行をするという経験をしました。
帰国後、普通の会社員としての生活を体験した後、「自分が何者であるか」という真理を知るに至りました。
その後、東京・横浜を中心に、講話会や勉強会を始め、現在も各地でお話会、勉強会及び瞑想会を行い指導に当たっています。

気さくでユーモアたっぷりの先生の会は、
いつも愛と笑いに満ちています。
そこには、自分らしく幸せに生きるための答えがあります。

山梨でのお話会は基本的に奇数月の第3木曜日、13時~16時、
2ヶ月に一度のペースで開催しています。

スケジュール、会場は、変更になる場合もありますので、
詳細は、先生のウェブサイト(http://waheii.org)を確認してください。

ホシゾラのじかん
うわやなぎさ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。