ホシゾラのじかん 

ヨガで心身を調和し 自分らしく過ごすお手伝い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

その奥にあるもの。


『梅雨明けの陽射しが、浜辺にいるみたいに濃い日』

清々しい夏の日に、こんなテーマです。

『起こることに意味はあるのか』

苦しみや悲しみは、生きる私たちにとって切り離せない感覚です。
(できれば無い方がいいのにね)
幸せになりたいと日々望んでいるのに、なぜ悲しく苦しい状態に陥るのか。

それは、
『悲しみや苦しみがあると、自分の内面と向き合わざるを得なくなるなるから』
です。
自分の感情を無視できなくなるくらいピンチな状態に追い込まれて、ようやく私たちは自分をみつめるチャンスを得ることができるからです。

悲しみや苦しみは、ただ無意味に人生に登場したりはしません。しっかりと意味があります。
まず大切な源の意味があって、それを背景に出来事が起こっています。

私は小さな頃より、すべてに意味はあるのではないかと思い、起きる出来事(感情のセンサーが反応したもの)に意味を見つけてきました。
源の意味がなければ何事も起こりえない、そう感じています。

けれども、その背景となる源の意味を理解できるかできないかによって起きる出来事は、悲しみにも喜びにもなり得えます。

わかりやすく説明すると、
起こった出来事の表面に見えている状態は、一見すると悲しみ苦しみにしか見えません。
表面に現れ出た出来事をそのまま受信した心のセンサーは、出来事を悲しみ苦しみに分類して辛い思いをします。
時にはその苦しみが一生続くこともあります。

慰めでも、楽観主義でもなく、その苦しみにはその人にとって、その人にしか起こりえない理由があります。
その理由がずっと見つからないこともあります。
そして、見つからないことにも意味があるんです。
すべてに意味がある。

出来事の背後に深く横たわる大切な意味を理解すること、それをヨガでは、気づく又は悟ると呼びます。小さな悟りです。
この小さな悟りを積み重ね、いずれは大きな悟りへと進んでいきます。
この気づき、悟りが起こった瞬間、それまで苦しかった出来事が一瞬にして喜びに変化します。

悟りは、頭で考えて導き出す、というより一瞬で閃く感覚です。
どこからともなく答えがやってきて、深く納得することができる。
すると、もう悩みが悩みではなくなっています。
内面が根底から変化して、清々しい気分になります。

今までにそんな経験をされたことがあるかもしれません。
きっとたくさんあるはずです。
そうでなければ、ここでこうして今の時代を生きていないはずです。

苦しみの奥にある深遠な源からの答え。
その源泉に触れたとき、私たちは出来事にはすべて意味がある、と理解します。

ただ、日々忙しく生きていると、源に答えがあったことなどすっかり忘れてしまいます。
すると、再び悩み苦しみがやってくるんですね。
私たちを刺激する何かが起こります。

繰り返し繰り返し懲りずに苦しみを味わい、その度に答えを必死に見つけて成長していく。
そんな仕組みでこの世界は作られています。

悩み苦しみを喜びに変える方法、についてはまたの機会に。


















スポンサーサイト

PageTop

この世を。


『この世をどうやって受け止めようか』


食べても、時間がたてばお腹が空く。
働いてお金をもらっても、払うものがたくさん、あっという間になくなってしまう。
肩が凝ってマッサージしてもらっても、また凝る。
たくさん寝ても、夜になると疲れてまた眠くなる。
身体を大切にして整えても、いつかは必ず死が訪れる。
歴史に残るような偉業をなしても、この地球がなくなってしまえばみんな消えてしまう。書物も。パソコンのデータもね。
もしかしたら、この宇宙さえも無くなる日がくるかもしれない。全てが無になる。
吸って吐いて吸って吐いて、結局何が残るんだ。

なんて言う気分になることがあるかもしれません。

この世でいくら頑張っても、積み重ねても、すべては幾多の塵となり宇宙空間に消えていく。。。
諸行無常。

世の中を虚しく無意味に感じるとき。
これが生きる意味を問うタイミングになります。

私たち人間にはやはり、生きる意味、が必要になります。
目標や目的地がない人生なんて、永遠につづく砂漠を歩くようなもんです。

人生の意味。
生きる意味。
いま起きていることの意味。
苦しみの意味。

人生の充実感、感じたいんです。
自分の人生に納得したいんです。

私の人生にはそんな意味があったのかー!
それなら苦しいことも頑張れる。
となる。

ヨガはその問いに答えてくれます。
私自身保育園の頃から抱き続けてきた、世の中への問いを見事、ヨガは受け入れ解いてくれました。

『無意味なことは一つもない』
これは人生の空虚を埋めてくれる言葉です。

でも、この言葉を頭で理解するだけでは、本当の虚しさは決して埋まりません。

この空虚感から光を溢れさせるには、実体験が必要になります。

言葉の理解から、実体験へ。
すべては意味ある出来事で埋め尽くされていると体験したとき、人生すべてが大切に思えてきます。
自分がみる世の中すべてが愛おしくなったとき、そこには、人生という主役の椅子に座った自分が現れます。
















PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。