ホシゾラのじかん 

ヨガで心身を調和し 自分らしく過ごすお手伝い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

私とヨガの話

小学生の頃ヨガと出会い、それ以来ずっとヨガが好きでした。

moblog_5b1ed9c6.jpg
子供のときからヨガの知恵を取り入れて生活してきました。
疲れた日にもヨガをするとよく眠れますし、翌朝の目覚めがいいのです。

嫌なことがあったときは、ゆったり深い呼吸をしてみる。
すると、嫌なことも「なんとかなること」に変化していたり。
ヨガは、脳みそを超えたところで私たちに作用しているようです。

私の過去を少しだけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中学生の時に父を亡くしていた私は、早く結婚したいと望んでいました。
結婚しても子供ができなかったため不妊治療をしながら、ようやく出産することができました。
けれど当時お金がなかった私は、ようやく歩き始めた小さな子を保育園に預けながらフルでお仕事をしなければなりませんでした。

周りの女性は仕事も家事も育児もこなしてる、きっと私にもできるはず。
目が回るような日々でした。
家も建てたい、子供もしっかりと育てたい、おしゃれもしたい、仕事してお給料がほしい、幸せになりたい。。。
けれども、全く心は満たされず、気力体力をすり減らしていきました。

心に身体に鞭をうちながら頑張って数年。
すっかりヨガも忘れていたころ。
なんと職場の健康診断で癌がみつかり。
高速で回転していた私の歯車は、ようやく止まることができました。

大切だと思っていた仕事を辞めました。
恐れから執着していたお仕事。
恐れから手放せなかった、物質的な豊かさ。

病気になってようやく気づいた。
何が本当に大切だったのか。
なぜ私は病気になったのか。
考え方も感じ方も、それまでの自分とは大きく変わりました。
病気がなければ、きっと今までのまま。
私は高速で回転し続け、大切なものをすり減らし。
やがて人生はあっという間に終わっていたでしょう。

手術の日。
ピカッと光がさすように、私の中は変わりました。
縛られていた部分がほどけ、温かさと安らぎで私は満たされました。
本当は、私はずっと自由だったのです。
でも、怖くて怖くて自分を狭い箱に閉じ込めていただけだったと分かりました。

私の生きる意味。
改めていただいた第二の命を大切に使っていきたいと望むようになりました。

これから私は、自分の感覚でヨガを伝えていく。
心も体も解放される生きる方法を伝えたい。
ヨガは、生きること、死へ向かっていること、生きる苦しみ。
その現実を受け入れた上で生きる意味を見つけていく方法。
自分との調和、周囲との調和、自然・宇宙との調和。
その感覚を持ちながら普段の生活をしてみると、きっと今までよりも気持よく生きられるはず。
そんな気持ちで暮らせたらきっと見ている世界は変わるんだ。

ようやく自分が自分らしくなれたことに感謝しています。
そして私の進化の旅は続きます。

一緒にヨガの旅をしてみませんか。
きっといい旅になります。

合掌 上矢なぎさ





スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。